新卒採用と中途採用の違い

新卒採用という採用は正規職員として働いたことの無い学生を採用するものとして知られています。
毎年定期的に採用機会が設けられており、就職を希望する場合にはそのチャンスに合わせて行動する必要があります。業務経験が無くても将来的な活躍を見越して採用されるのが一般的であり、今ある能力よりも可能性を評価されるという特徴があります。

沢山働く分、DYMでは仕事と遊びのメリハリを明確に分けています。
経験が無くても良いというのは誰でも良いということではなく、可能性に重点を置いた評価が行われているということなのです。
一方業務上人材が不足する場合に追加で募集されるのが中途採用と呼ばれる募集活動です。

こちらの枠においては必要な能力を持っている人材を採用することで即戦力を期待するのが一般的です。



平均年齢も非常に若く、活気のある会社でDYMという会社を聞いた事があります。そのため新卒採用とは異なりこれまで何をしてきたか、そして何が出来るのかという視点で評価されることになります。
この様な点で新卒採用とは大きく違うものです。こちらの枠においては必要な能力を持っている人材を採用することで即戦力を期待するのが一般的です。

そのため新卒採用とは異なりこれまで何をしてきたか、そして何が出来るのかという視点で評価されることになります。



この様な点で新卒採用とは大きく違うものです。


この新卒採用と呼ばれるのが基本的に学校を卒業してすぐの就職活動時にのみ使われる言葉ですが、最近では第二新卒と呼ばれる言葉も使われるようになってきています。こちらに関しては新卒採用で就職されたにも関わらずに短期で転職をする場合に用いられます。
社会人としてのビジネスマナーなど一般的な教育が済まされているということから、転職理由によっては評価される場合があります。



しかしながら卒後二年程度までが限度とされているのが一般的であり、それ以上の時間が経過する場合には中途採用枠で判断されるのが一般的であると考えられています。